近年永代供養という形を望む人たちが増えています。
この永代供養をする人に人気なのがお参りのしやすさと料金の安さ、それでいて個別に遺骨を管理してもらえる納骨堂というところです。
その費用は永代供養料と施設の管理費の2つです。
その利用料は一人用だと全国平均で50万円くらいだと言われていますが、様々なタイプがあり、10万から100万円とその差は大きいです。
管理費についても1年で2千円から2万円までとかなり開きがあります。

納骨堂を利用する際にかかる費用は?

納骨堂を利用する際にかかる費用は? 現代は少子化でお墓を継いでくれる子供がいないというところが増えています。
お墓を買えば掃除をしなければいけません。
お墓を守っている人が遠くに住んでいたり、高齢だったりするとお墓参りをするのも一苦労です。
墓地や霊園の管理費も払い続ける必要がありますので、後を継いだものは経済的にも大変です。
永代供養は墓地や霊園の管理者がいつもきれいにしていてくれるうえ、一定期間が過ぎたら合祀してもらえるというものです。
これなら跡継ぎがいなくても心配はいりませんし、費用が安いのもありがたいです。
この方法の一つとして納骨堂という形があります。
ほとんどの納骨堂は一定期間個別の納骨堂を借りて遺骨をお参りできるといものです。
一定期間がすぎると合祀墓に移されるということになります。

お参りしやすく永代供養付きもある納骨堂の相場

お参りしやすく永代供養付きもある納骨堂の相場 広い土地が必要な一般的な霊園やメモリアルパークとは違い、都市部の街中にもあることが多い納骨堂は、なかなかお墓参りに行けない忙しい人でも、お彼岸やお盆はもちろん月命日などにも気軽にお参りがしやすいとして近年人気を集めています。
納骨堂というと屋内に設置されたロッカー型の施設に納骨してあるものをイメージする人が多いですが、個別墓の雰囲気でお参りできるものもあり、かかる費用も場所や施設によって様々です。
しかし、墓地や霊園に墓石を設置する一般的なお墓に比べると相場は安い傾向にあり、永代供養付きのものでも50万円前後でしょう。
この相場が安いと感じるか高いと感じるかは、それぞれの人がお墓に求めるものによって違うかもしれません。
都会の街中に一般的なお墓を持つのは難しいことが多いですが、納骨堂なら交通の便の良い立地にある都会でも比較的安い費用で利用可能です。
高齢のため外出に時間をかけたくないという場合でも、都市部にある納骨堂ならお参りにも行くことができる場合があります。
また一定期間、納骨堂の個別ブースに納められ、期間を過ぎると自動的に合祀され永代供養してもらえるサービスが付いているものが多い点も注目したいところです。

納骨堂に関する情報リンク

新宿 納骨堂

新着情報

◎2019/12/5

ロッカー式の納骨堂
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

都心での現実的な選択肢
の情報を更新しました。

◎2019/6/27

ビジネスとしての納骨堂
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の運営の苦労
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨 費用」
に関連するツイート
Twitter