ビジネスとしての納骨堂

ビジネスとしての納骨堂 いま、少子化という流れもありますし、自分の最期のことを考えて終活を行う方も増えている傾向が見られます。その中で永代供養が出来る納骨堂を選択される方も多く、納骨堂の市場は新しいビジネスとしても注目されています。最近の納骨堂は、手ぶらでお参りにいけて室内にありますし、エレベーターなどを使って来訪者の元に自分の家族や親族の位牌を呼び出すことが出来ます。お墓詣りというと荷物も多いですし、天気にも左右されたりお掃除をすると言った管理も大変です。永代供養の所も増えていますし、納骨堂ビジネスとして見たときにもこれからの市場拡大は期待されています。

永代供養の場合には、自分が独り身であっても集団で納骨できるシステムになっていたり、毎月月命日の日にお経をあげてもらえると言った事で安心してはいることが出来ます。生前から相談に対応しているところも有りますし、終活を行う事で残された家族への負担も減らすことが出来るのでお勧めです。

近年注目の高い納骨堂の人気とその運営法について

近年注目の高い納骨堂の人気とその運営法について 少子化、核家族化の現代においてお墓の在り方に対する考え方にも変化が見えます。代々続くお墓を維持していくことが困難になっていることや、お墓の費用の負担が重く感じられるようになってきているのもあります。そこで近年中注目されているのが納骨堂です。これは室内に遺骨を安置しているお墓であり、その管理供養は運営側がしてくれるので、子孫にかかる負担が大幅に軽減されることで人気なのです。

室内であることで清潔感が保たれ、また定期的に供養してもらえること、お墓参りに訪れる人も季節や天候に左右されない、更にお墓にかかる費用が少なくて済むといった利点があります。このように現代の風潮にマッチしているお墓である納骨堂は、交通の便の良い場所にも多く作られるようになっています。土地代が高い所のお墓の建設であっても、多くの遺骨を入れることが出来る方法のお墓なので運営側にとっても利益がとても大きく、立地の良い場所の納骨堂は特に人気が高いので採算が大きいといえます。

新着情報

◎2019/6/27

ビジネスとしての納骨堂
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の運営の苦労
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「供養 ビジネス」
に関連するツイート
Twitter