納骨堂は引継ぎ可能?

納骨堂は引継ぎ可能? 納骨堂は一般的な屋外にあるお墓とは異なり、屋内で遺骨を安置しておく施設のことをいいます。
以前はあくまでも仮置きに近いイメージでしたが、最近では墓地不足や永代供養の普及などもあいまって、正式なお墓の一種として認識されるようになってきています。
実はこの納骨堂にもいろいろと種類があり、管理している寺院によっても方針は異なります。
たとえば個別の仏壇のような外観の内部に骨壷が入れられるようになっているもの、ロッカー形式で壁面に骨壷が多数収納できるようになっているもの、機械式で家族や親戚がお参りに来たときだけ厨子に入れられた骨壷がバックヤードから搬送されるものなどが挙げられます。
このような納骨堂は利用を申し込んだ一代限りなのか、それとも代々にわたって引継ぎが可能なのかについても、やはり当初の契約の内容しだいの部分がありますので、しっかりと確認しておくのがよいでしょう。
一般的には契約をしてから一定期間だけ、個別に骨壷が安置されているだけであって、その年限が過ぎてしまえば、あとは他の人と合葬というかたちで一か所にまとめて埋葬されてしまう取り扱いです。
このような取り扱いをすることが、ある意味での使用料の安さの理由にもなっています。

納骨堂を購入することを検討している夫婦が増えている

納骨堂を購入することを検討している夫婦が増えている ある一定の年齢に達した時に先祖代々のお墓を持っていない場合には新しく購入しなければなりませんが、子供がいない夫婦の場合には墓守をしてくれる人がいないので困ってしまいます。
お墓を綺麗に掃除してくれる人がいないことを考えると買って良いものかどうか悩んでしまいますが、最近では納骨堂を設けているお寺が増えているのでそれほど心配することはないです。
中にはマンション型やロッカー式の納骨堂を販売しているところもあり評判も良いのですが、その理由はお墓をしっかりと管理してもらえる点にあります。
昔ながらのお墓の場合には掃除をするのが大変でお寺の方でも隅々まで掃除をするのが難しいですが、納骨堂であれば簡単に管理することが出来るので大変なことは何もないです。
また駅からも近く屋内に設置されているところもあり施設もよく整っているので、参拝する人にとっても本当に助かります。
そういったこともあり子供のいない家庭では自分達の死後のことを考えて納骨堂を購入する人が沢山います。

新着情報

◎2019/6/27

ビジネスとしての納骨堂
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の運営の苦労
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨 夫婦」
に関連するツイート
Twitter