都心での現実的な選択肢

都心での現実的な選択肢 日本では人口減少が騒がれていますが、その一方で都心への人口集中はより加速しているのが現状です。こうした世の中の流れから、それまで各地に適度に分散していたお墓も地方の過疎化によってより人々が住んでいる地域に集約される傾向が強くなっています。とはいえ都会での用地確保は住宅地でも難しいものですから、ましてや墓地ともなると新しく求めることは極めて困難です。
先祖代々の墓地がある人は別ですが、新規でお墓を建てようとするとちょっとした高級車を購入する程度のお金はかかってしまいます。これではとても現実的ではありませんが、今更田舎のお墓に入るのはこれまた距離的な問題で困難でしょう。そこで検討してもらいたいのが納骨堂の購入で、近年はどこのお寺でも昔からの檀家さんの組織がなくなりつつあるため、寺を維持するための新規事業として納骨堂を建てる例が増加しているのです。納骨堂であればまだまだ余裕もありますし、周囲のお手入れや風雨によるお墓の痛みも心配ないので、むしろよい面も沢山あるのです。

納骨堂を利用すれば墓参りもすぐに行ける

納骨堂を利用すれば墓参りもすぐに行ける 都内近郊にお住いの方にとって、お墓参りというのは意外と大変です。特にお墓が遠い所にあるという場合、そこまでのアクセスも大変ですし、それ以上にお墓の管理というのも必要になってくるので、草取りや掃除なども考えるとネックな事もたくさんあります。そこで今注目されているのが納骨堂を利用するという事です。
納骨堂にお骨を納めれば、永代的に管理する事が出来るところも有りますし、月命日にはお経をあげてもらう事も出来ます。身寄りが少ないという方にとっても、お墓参りをしてもらう事が将来的に無くなってしまう心配があっても、永代供養の納骨堂であればその心配も有りません。管理費などは事前に支払う事も出来ますし、生前から終活で申し込んでおく事も可能です。相談もいつでも可能な状況ですので、気になる方はまず相談してみる事をお勧めします。都内にも多数ありますし、残された家族が気軽にお参りに行く事が出来るというメリットも有ります。

新着情報

◎2019/9/25

都心での現実的な選択肢
の情報を更新しました。

◎2019/6/27

ビジネスとしての納骨堂
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の運営の苦労
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨 都心」
に関連するツイート
Twitter